みなさん、よく眠れていますか?


T8GOF7WD.jpgのサムネイル画像

仮に、80歳まで生きるとしたら、なんと、27年間も眠っていることになります。「惰眠を貪る」という言葉があるように、一般的には睡眠は生産的な営みとは思われておらず、一見すると無駄なように思われますが、「寝る子は育つ」とも昔から言われるように、私たちの体にとって睡眠は、生命活動を支えている大切なものです。

 夜にうとうとしている時、脳は、今日一日、経験したことを再生します。この時、記憶を創造したり保存するための不可欠な脳の領域(海馬と新皮質)はお互いにコミュニケーションを取り合っています。

睡眠中の脳が最近の経験を再生している証拠は、神経学者が、ネズミの睡眠時と起きている時の両方において、ネズミの海馬のプレイスセルと呼ばれる神経回路の電気的活動を調べた1980年代と1990年代までにさかのぼります。

ラットが迷路の周りを走った間、神経回路は迷路内の特定の位置に対応し、特定の順序で発火しました。後ほど、ネズミが居眠りしている時も迷路を再びたどるかのように、特定の順序で発火するのでした。人間の脳を調べるために脳波記録法(EEG)を使用している調査は、人々が眠るとき、人々は類似した何かを経験することを明らかにしています。

徐波睡眠(ノンレム睡眠)と呼ばれる深い、夢を見ないステージに人々が入り込むと、海馬の活動は活発になるのです。この睡眠ステージの間、海馬は新皮質に信号を発し、その日の感覚的印象を中継します。この脳内のピロートークが海馬の一時的な保管から新皮質の長期の記憶装置へ記憶を移す脳のプロセスであると、科学者は思っています。そして、このプロセスが統合と呼ばれている。と、マシュー・ウォーカー(10年以上、睡眠を調査したカリフォルニア大学バークレー校の神経科学者)は言いっています。

脳波の研究はまた、脳全体に1秒に1回程度、ピークに達する電気的活動の波(デルタ波)を証拠立てています。この脳波は、神経細胞間の接続、またはシナプスの強度を変化させると考えられています。ほとんどの科学者は、初期学習と睡眠から生じるシナプスの変更は、記憶の中心にあると考えています。(アルツハイマーやうつ病などでは、睡眠中のデルタ波が減少することが知られています。)

近年では、ニューヨーク大学医学部と北京大学深圳研究生院の科学者は、睡眠が新しいシナプスの形成をサポートすることを証明しました。マウスを回転ロッドの上に歩くために訓練した後、研究者はマウスを2つの
グループに分けました。起きているグループ、そして、7時間眠らせたグループ。両グループともにトレーニングの後、運動皮質により多くのシナプスがありました。しかし、睡眠不足のマウスは眠らせたマウスより新しいシナプスが少なかったのです。

i-7k2bqk2-x3-a0b22475d71cf07830204fc88154f8fba8809588-s800-c85.jpg

最近の研究では 睡眠不足がアルツハイマー病になりやすいことを示す証拠が増えています。ポートランドのオレゴン健康科学大学の脳科学者、ジェフリー・リフは、睡眠習慣の変化が痴呆症のステージを決めているのかもしれませんと述べています。

ジェフリー・リフとオレゴン健康科学大学の他の科学者は、睡眠障害と、アルツハイマー病との関係を明確にすべく研究を立ち上げようとしています。数十年も前から、睡眠とアルツハイマーには、何らかの因果関係があるのは明らかになっています。睡眠障害は、アルツハイマー病の人々の間では非常に一般的です。

2009年、セントルイスのワシントン大学の研究者が、アルツハイマー病に関連したアミロイドプラークは睡眠不足のマウスの脳で、より早く発達することを明らかにしました。

 その後、2013年、ジェフリー・リフは、睡眠不足がどのようにして、アルツハイマー病斑の発達を早めるのかを発見したチームのメンバーでした。顕著な洗浄プロセスは、少なくとも動物で、深い睡眠中の脳で起こるのです。

 何が起こるかというと、通常は脳の外側に存在する流体(きれいで透明な脳脊髄液)はまさに、血管の外側に添って脳内に再循環し始めるのです。glymphaticシステムとして知られているこのプロセスで、脳がアルツハイマー病斑形成毒素などを含めた毒素を排出できると、ジェフリー・リフは述べています。また、彼はこうも述べています。少なくとも一つの要因として、睡眠の障害はアルツハイマー病に向かう可能性があると。

ジェフリー・リフの説が正しい場合は、実験により、睡眠不足だとアルツハイマー病になりやすいという議論を大幅に強化していきます。また、十分に深く眠れておらず、健康状態が危険にさらされている人々を識別する方法が登場するかもしれません。


それは新たな治療法への道を開くかもしれません。人々により定期的に何か運動させることや、新薬など、今後治療法としての可能性はあります。多くの睡眠補助薬は、特に人々を深い睡眠ステージまで導くことに焦点をあわせていません。とジェフリー・リフと一緒に仕事しているビル・ローニーは述べております。


BST社の研究ディレクターは、Sung Lee医学博士です。Lee博士によれば、「多くの睡眠補助剤は、本質的に化学的誘導(薬)で脳を強制的に沈静化させています。睡眠の真の価値を破壊する可能性もあります。当社のテクノロジーは、神経回路接続、またはグローバルな神経可塑性の多様な神経回路の配列の生存能力を維持する手助けすることにより睡眠の進化の役割に照準を合わせた高度なアプローチです。」

 

Sung Lee医学博士の経歴

エールニューヘブン病院 内科  コーネル大学、ワイル医科大学 内科

カリフォルニア大学 医学博士、科学の修士、臨床疫学、健康サービスの研究

ケンブリッジ大学 哲学、医学の歴史の修士

ブラウン大学 芸術、歴史の学士号 国際脳教育委員会 相談役 ブレインワールド誌の科学顧問

過去の記事一覧

Brain State Technologies

Visa Master Saison Coineyでクレジット―カード決済

心のリフォーム
SORA Shinonome
999-3737
山形県東根市大字若木9723-23
TEL.0237-47-4501
FAX.0237-47-0739
※電話受付は
  8時30分~20時30分
※毎週金曜定休