脳も年をとります!ほったらかしにしていませんか?

1.ストレス  

ストレスは、ウエルネスに影響を与えます。私たちはストレスを受けると、気分的にもすぐれず、身体の苦痛、睡眠障害、そして、風邪やウイルスの抵抗力も低下します。

WHO(世界保健機関)憲章前文における健康の定義

「健康とは、身体的、 精神的、及び社会的に完全に良好な状態であって、単に病気でないだけでない」という文 の「完全に良好な状態(Well-being)」を、さらに積極的に解釈して、輝くように生き生きしている状態を「ウエルネス」(wellness)と定義

2.脳の内側に秘められた力

リラクゼーションと瞑想は、ストレスへの反応を最適化する手助けとなります。瞑想やリラクゼーションは、ストレスホルモンからの解放、自律神経の活動そして脳や体の機能に影響を与えることは多くの研究で明らかにされています。これらは、脳に秘められた生来の力が反映しています。

3.膠着(こうちゃく)状態の脳

急性、慢性的にかかわらずトラウマはストレスが活性化している膠着状態を引き起こします。深い膠着状態では、多くの伝統的なリラクゼーション方法では、習得するのが困難な場合もあります。また、不十分なのかも知れません。

4.脳波最適化はリラクゼーションを促進させます。

脳波最適化は、脳を容易に深いリラクゼーションの空間に到達させるために21世紀に生まれた技術ベースの手段です。脳に内在する最適化と癒しの働きをサポートします。深くリラックスした状態は、ストレスを軽減し、脳の活動状態のパターンを最適化することが可能です。

脳波最適化では、お客様の今現在の脳波を測定して、瞬時にアコースティックトーンに変換します。このアコースティックトーンは、脳の活動を瞬時に映し出す鏡のようなものです。 人それぞれ刻々違って見えるように、アコースティックトーンは人それぞれ、刻々違う独特なものです。

瞑想の目的は、臨床心理学、精神医学、予防医学、教育の多くと重なっています。また、瞑想することで、うつ病や慢性疼痛の治療、全体的な安寧感を涵養する効果があること示唆する研究が増えています。

瞑想することで、脳の一部が領域の大きさが変わる生理学的変化も起きているのです。

瞑想においては、脳のリラックスする能力を習得するのが一番の壁となっています。脳の深いリラクゼーションなしにして、瞑想の実践者は、望んだ高い状態に行けることはまずありません。

脳に秘められた能力をBST(脳波最適化)で高めてみませんか?

将来のために!

過去の記事一覧

Brain State Technologies

Visa Master Saison Coineyでクレジット―カード決済

心のリフォーム
SORA Shinonome
999-3737
山形県東根市大字若木9723-23
TEL.0237-47-4501
FAX.0237-47-0739
※電話受付は
  8時30分~20時30分
※毎週金曜定休