脳の発達 ~その3~

10歳代の若者(若い成人)

  •  恐怖反応と攻撃性を制御する脳の反応部分である扁桃体は、人生の早い段階で発達するが、脳の推論と論理的部分は時間の経過とともにゆっくりと発達し、成人までは成熟しない(一般的には25歳~30歳)。これは、ほとんどの10代が、合理的な思考や論理よりも、衝動的な反応によって多くのことが駆り立たたされることを意味します。
  • 10代で完全に発達した脳の部分は、脳の「喜びの中心」または「報酬を求める」部分です。研究では、成人の脳よりも「報酬」が提示された場合、10代の脳がより強く反応することが示されています。繰り返しになりますが、前頭葉の発達が未熟な段階では、10代が報酬を求めるふるまいや行動に強く追い込まれることを意味しますが、彼らは、長期的な結果を予想するような論理性も欠けています。
  •  また、研究では、10代の脳が薬物やアルコールの中毒になる可能性が非常に高いことが示されています。これは、若い脳の強い「報酬」応答と、脳がまだ発達段階であるという事実に起因しています。この間にどのような行動が強制されても、それに固執する可能性があります。
  •  感情システムがまだまだ発達中なので、10代は他の人の感情を誤って読むことが多く、その結果、10代の若者たちの反応は扁桃体に大きく依存しています。これは、10代の若者が「過反応」または「感情的に不安定」につながるのかもしれません。
  • 10代の脳にはまだ "ブレーキシステム"(前頭葉で時間の経過とともにゆっくりと発達する自制と衝動に抵抗する能力)が欠けていることに留意してください。 これは、多くの場合、10代の若者が不必要なリスクを冒し、行動を起こす前に十分に考えているとは思えない理由です。 間違いを犯すことは、学習プロセスの重要な部分であり、間違いの結果に直面することは有益なフィードバックです。親として、時々、子供の誤りの結果に子供に直面させるのは難しいかもしれません。親として、痛みや不快感からあなたの子供を守ることを望みます。しかし、悪い意思決定や行動を繰り返すことには、未解決の結果をじかに経験するよりも、抑止力はありません。 子供の行動の結果から子供を保護すれば、あなたは何気なくその悪い行動を強化しています。

10代の脳を刺激するアイデア

  •  思春期は10代の若者が大人になった時に、脳を「再編成」する方法を決定づける脳の発達と成長にとって重要な時期です。 練習や繰り返しは、大人の生活でも通用するスキルを開発する上で重要です。親として子どもがこの成長期を最大限に活用する僅かな方法は、子供たちを大人の意思決定のプロセスに参加させることです。 たとえば、「午後10時までに家に帰りなさい」というよりも、10代の若者も交えて門限に関する議論をすることが有益です。これらのタイプのシナリオは、10代が各自の状況のいい部分と悪い部分を考え、それぞれの選択に対するする影響を予測するように促します。 10代の若者を重要な意思決定に必要な論理と問題解決の場面にさらすことは、これらの新たに発展する脳の神経経路を強化するのに役立ちますが、もちろん、親が最終的な「拒否権」を持っているという理解を持って親の指導の下で行うべきです。
  •   時には、難しい場合もありますが、子供が間違いや悪い行為の結果を経験できるようにしてください。 このフィードバックは、自己調整能力と衝動制御を開発するのに役立ちます。

 

過去の記事一覧

Brain State Technologies

Visa Master Saison Coineyでクレジット―カード決済

心のリフォーム
SORA Shinonome
999-3737
山形県東根市大字若木9723-23
TEL.0237-47-4501
FAX.0237-47-0739
※電話受付は
  8時30分~20時30分
※毎週金曜定休