側頭葉、後頭葉、頭頂葉、中心溝、前頭葉

脳断面図.pngのサムネイル画像

側頭葉

耳の周辺で、言語の理解、記憶や物事の判断、感情を制御、聴覚をつかさどっている部分です。

側頭葉は、大脳辺縁系にもアクセスしています。大脳辺縁系で重要な領域は、海馬と偏桃体です。

海馬は、一時的な記憶の保管場所だと考えられており、海馬には、外部からのあらゆる感覚情報が絶え間なく入力されており、それを整理して、1~3か月間、保管していると推定されています。

偏桃体は、本能的感情「情動」(快・不快、怒り、恐怖、喜び)の感情と身体反応を生み出します。身体反応とは、心拍数や血圧があがったり、顔がこわばったり、筋肉が緊張するなどの身体変化です。

大脳辺縁系は、内分泌系、自律神経系(副交感神経系、交感神経系)に影響をあたえており、脳の快楽中枢とも呼ばれています。

後頭葉

脳の後に位置しており、機能としては、色・形などの視覚情報を処理しています。

鎖骨から上の痛みに関連しており、後頭部を強打した時に、目に火花が飛ぶのは一時的な視覚障害なのです。

頭頂葉

空間の知覚機能・接触・圧力・温度・痛みなどの感覚情報処理・鎖骨から下の痛みに関連しています。例えば、手で物を触ったり、体に触れたりした時、暗闇でも硬さ・軟らかさ・冷たさ・暖かさなどの認識をします。

中心溝

中心溝は前頭葉と頭頂葉の境界。中心溝の前壁は一次運動野と呼ばれ、体の各部位へ筋肉を動かすための信号を出しています。後壁は一次感覚野と呼ばれ、体の各部位から感覚情報(皮膚からの情報)を受け取る領域です。

前頭葉

人間の思考、意思、創造力などを司り、 人間が人間らしく生きるための機能が詰まっています。 目標設定し計画的に理論だてに効率的な行動を起こすという 高次な活動を担うところです。 人間の進化の過程で劇的に発達した場所で、 人間と猿を隔てる分水嶺だとも言われているのです。 人間が社会生活を営むようになり、社会が高度化、複雑化して、 問題解決も複雑になりました。その結果として人間は、他の動物と比べ、 必然的に前頭葉を発達させてきたのです。

関連記事

過去の記事一覧

Brain State Technologies

Visa Master Saison Coineyでクレジット―カード決済

心のリフォーム
SORA Shinonome
999-3737
山形県東根市大字若木9723-23
TEL.0237-47-4501
FAX.0237-47-0739
※電話受付は
  8時30分~20時30分
※毎週金曜定休