モチベーションは、脳が倦怠感をいかに処理するかに依存

今回のブログもNERUOSCIENCE NEWS.comからの情報です。

NERUOSCIENCE NEWS.comは、政府、助成金、製薬会社、大企業、銀行、学校、または利害の衝突する可能性のある他の者からの資金提供を一切受けていない、ニューロサイエンスの研究ニュースに専念したサイエンスウェブサイトです。

https://neurosciencenews.com/motivation-fatigue-19012/ ⇨原文

モチベーションの維持は、何かをやり遂げるためには不可欠ですが、モチベーションも脳が深くかかわっています。

脳のお手入れ、ケアーは不可欠です。

要約:

人々は、倦怠感があれば、努力したり仕事をしたりするモチベーションが低します。

短時間の休息をとればモチベーションは回復しますが、長時間の倦怠感のある人は、短期間の休息をしてもモチベーションが向上しません。

出典:バーミンガム大学

労力を必要とする活動が、"努力する価値がある"のかどうかをどのように判断しますか?

バーミンガム大学とオックスフォード大学の研究者は、働く意欲は固定されたものでなく、倦怠感の変動するリズムに依存することを示しました。

労力を必要とする活動に取り掛かるとき、それが「努力する価値がある」かどうか?どのように判断するのでしょうか?

バーミンガム大学とオックスフォード大学の研究者は、働く熱意は固定されたものでなく、流動的な倦怠感のリズムであることを明らかにした。

 

倦怠感---労力を要する作業後の疲労感----は、私たち全員が毎日経験するものです。

倦怠感でやる気を失い、休憩したくなります。 科学者は、与えられた作業が努力に値するかどうかを決定するための脳のメカニズムを理解していますが、このプロセスに対する倦怠感の影響はまだよく理解されていません。

 

研究チームは、努力する人が意思決定する際の倦怠感の影響を調査するために研究をしました。

倦怠感があると、報酬のためであっても、人々が働くこと、努力することが低下したことを発見しました。

結果はNatureCommunicationsに掲載されています。

興味深いことに、研究者たちは、脳の異なる部分で検出された2つの異なるタイプの倦怠感があることを発見しました。

第一に、疲労は短期間の感覚として経験されますが、それは短い休息の後に克服することができます。

しかし、時間が経つにつれ、再び長期的な感情が蓄積され、人々は働きたいと思わなくなり、短期間の休養では解消されません。

本研究の筆頭著者であるオックスフォード大学のTanja Müller氏によれは、、「人々の努力する意欲は、瞬間的には変動しますが、時間をかけて作業を繰り返すうちに徐々に低下することがわかりました。仕事への意欲のこのような変化は、疲労と関係しているように思われます。そして、時には、持続することをやめようと決断させるのです。」

研究チームは、健康な若年層36名を対象に、コンピュータを使ったタスクを実施しました。このタスクでは、異なる金額の報酬を得るために身体的な努力を求められました。

参加者は200回以上の実験を行い、それぞれの実験で、握力装置を握って「仕事」をして高い報酬を得るか、休んでわずかな報酬しか得られない方がよいかを尋ねられました。

 

研究チームは、実験中のどの時点で人がどの程度の疲労感を感じているか、またその疲労感が仕事をするか休むかの判断にどの程度影響を与えているかを予測する数学的モデルを構築しました。

被験者はタスクを実行しながら、MRIスキャンを受け、モデルの予測と一致する脳内の活動を調べることができました。

その結果、脳の前頭皮質には予測に沿って変動する活動が見られ、腹側線条体と呼ばれる部位は、疲労が仕事を続けるモチベーションにどれだけ影響しているかを示していることがわかりました。

バーミンガム大学ヒューマン・ブレイン・ヘルス・センターの上級研究員であるMatthew Apps博士は、「この研究は、疲労とその脳への影響、そして疲労が、なぜ人のモチベーションをそんなにも変えてしまうのかを研究し、理解する新しい方法を提供するものです。バーミンガム大学のCentre for Human Brain Healthの上席著者であるMatthew Apps博士は次のように述べています。「この研究は、多くの患者さんや職場、学校、さらにはエリートアスリートにまで影響を及ぼす問題を把握するのに役立ちます。」

この研究プロジェクトには、バーミンガム大学ヒューマン・ブレイン・ヘルス・センター、メンタル・ヘルス研究所、心理学研究科が協力しています。

                                               ~以上~

記事の内容はここまでですが、以下は、リラクゼーションサロン SORA Shinonomneでお客様に提供している脳波最適化のセッションについてのものになります。

  • リラクゼーションと瞑想は、ストレスへの反応を最適化する手助けとなります。瞑想やリラクゼーションは、ストレスホルモンからの解放、自律神経の活動、そして脳や体の機能に影響を与えることは多くの研究で明らかにされている。脳に秘められた生来の力が反映。
  • 急性、慢性的にかかわらずトラウマはストレスが活性化している膠着状態を引き起こす。膠着状態では、多くの伝統的なリラクゼーション方法では、習得するのが困難な場合もあります。また、不十分なのかも知れません。
  • BST(脳波最適化)はリラクゼーションを促進させます。
  • 脳波最適化は、脳を容易に深いリラクゼーションの世界に到達させるために21世紀に生まれた技術ベースの手段です。脳に内在する最適化と癒しの働きをサポート。
  • 脳波最適化は、脳の最適化と回復力をサポートします。深いリラックスした状態は、ストレスを軽減し、脳の活動状態のパターンを最適化させます。
  • 非侵襲性(体に傷をつけない)のセンサーを頭皮上に配置し、高精度で脳のリズムを読みとり、ソフトウェアが脳波の活動をあなた独自の音に変換します。
  • 音がリアルタイムでヘッドフォンを通してあなたに戻り再生されます。このプロセスにより、脳がより深いリラックスした状態に導かれ、その状態から脳は自分自身のリズムを独自の条件で再編成しはじめます。
  • 米国ウェイクフォレスト大学医学部は、非営利団体から約3億円の支援を受けた臨床試験で、このテクノロジーは高く評価され、主要な学術会議で発表されています。

画像1.jpgのサムネイル画像

http://sora-shinonome.jp/training/ ⇨脳の最適化とは

http://sora-shinonome.jp/flow/ ⇨セッションの様子

過去の記事一覧

Brain State Technologies

Visa Master Saison Coineyでクレジット―カード決済

SORA Shinonome
999-3737
山形県東根市大字若木9723-23
TEL.0237-47-4501
※電話受付は
  8時30分~20時30分
※休日は不定休