体罰・暴言で子どもの脳が「萎縮」「変形」 厚労省研究班が注意喚起

体罰や暴言などで子供の脳が「萎縮」「変形」すると厚生労働省研究班が注意喚起をしています。

「愛の鞭」のつもりが「虐待」になることもあります。

子供が言うことを聞かず、イライラすることもあり、つい叩いたり怒鳴ったりしたくなりますが・・・・・・

一見、体罰や暴言には効果があるように思えますが、恐怖により子供をコントロールしているだけで、なぜ、叱られているか子供が理解できていないこともあります。

最初は「愛の鞭」のつもりでも、いつの間にか「虐待」へとエスカレートしてしまうこともあります。

すでに、子供への体罰などを法的に全面禁止している国は世界で50か国以上です。

sub-buzz-27221-1495093618-1.pngのサムネイル画像

友田医師の研究によれば、厳しい体罰により、前頭前野(社会生活をする上で非常に重要な脳の部位)の容積が19.1%減少し、言葉の暴力により、聴覚野(声や音を知覚する脳の部位)が変形していたことが判明しています。

厚生労働省の研究班による資料「愛の鞭(むち)ゼロ作戦」によれば、体罰や暴言により、子どもの脳に「萎縮」や「変形」が起きること、親子関係の悪化や精神的な問題が起きやすいことが、国内外の研究で明らかになっています。

また、約16万人分のデータに基づき、親による体罰を受けた子供と、受けていない子供の違いを分析した研究もあります。

親による体罰の影響として、「親子関係の悪化」「精神的な問題」「反社会的行動の増加」「攻撃性の増加」などの望ましくない影響が大きいのです。

BuzzFeedd Newsより https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/taibatsu-brain?utm_term=.yvpqdxoyg6#.el3b6gXJQk

関連記事

幼年期のお子さんには、ふんだんに愛情を注いでください!

 

過去の記事一覧

Brain State Technologies

Visa Master Saison Coineyでクレジット―カード決済

心のリフォーム
SORA Shinonome
999-3737
山形県東根市大字若木9723-23
TEL.0237-47-4501
FAX.0237-47-0739
※電話受付は
  8時30分~20時30分
※毎週金曜定休