脳は奇跡を起こします。

私達の脳は、まだまだ、未知に溢れており

現代の科学的手法ではすべて解明されていません。

それだけ、私達の脳は可能性に満ち溢れたものです。

 

私が読んだ脳についての本の中で特に印象的な本を4冊ご紹介させて頂きます。

 

まず、一冊目

1477287039875.jpg

「身体はトラウマを記憶する」

脳・心・身体のつながりと回復のための手法

紀伊國屋書店

著者 ヴッセル・ヴァン・デア・コーク

 世界第一人者が、トラウマによる脳の改変のメカニズムを解き明かし、薬物療法の限界と

EMDR、ニューロフィードバック、内的家族システム療法、PBSP療法

ヨーガ、演劇など身体志向のさまざまな治療法の効果を紹介する、全米ベストセラー。

 

二冊目

1481460908312.jpg

「脳科学は人格を変えられるか?」

 そのカギは楽観脳と悲観脳にあった!

オックスフォード大 脳科学研究室が明かす驚異の世界

文藝春秋

著者 エレーヌ・フォックス

  • エジソン、チャーチル、マンデラ・・・・  逆境に打ち勝つ人の共通点は「楽観主義者」
  • 楽観的な修道女は悲観的な同僚より、平均10年も長生きしていた
  • 楽観脳のカギ「側坐核」を刺激すると強い快感が得られる
  • 悲観脳のカギ「偏桃体」が損傷した人は、恐怖や不安を感じられなくなる
  • 大事なのは楽観脳と悲観脳のバランスである
  • そのバランスを決める遺伝子があり、外的な環境によって楽観・悲観両様に発現する
  • だから母親の愛情の量で、子供の脳のストレス耐性が変わる
  • ロンドンの複雑な道を記憶したタクシー運転手の海馬は三倍に肥大している
  • 脳細胞は年をとってもあらたに生まれる

 

三冊目

1481460914875.jpgのサムネイル画像

「脳の神話が崩れるとき」

角川書店

著者 マリオ・ボーリガード

 

真実とは、

人類がまだまだ足を踏み入れたばかりの

広大なる未知の領域のこと。

それは、物質的な世界よりもはるかに

広大な世界である。

 

4冊目 

1481460921840.jpgのサムネイル画像

「脳は奇跡を起こす」

人生の奇跡は脳のなかで起きている

講談社インターナショナル

著者 ノーマン・ドイジ

 

平衡感覚を失った女性、麻痺の残る脳卒中患者、

視覚・聴覚障害者

失われた機能をふたたび〝取りもどした"人たちの再生物語

 

何れも、読んでみると脳に秘められた偉大な可能性を知ることが出来ます。

年末年始に読んでみると、新たな可能性の扉が開くかもしれません。

過去の記事一覧

Brain State Technologies

Visa Master Saison Coineyでクレジット―カード決済

心のリフォーム
SORA Shinonome
999-3737
山形県東根市大字若木9723-23
TEL.0237-47-4501
FAX.0237-47-0739
※電話受付は
  8時30分~20時30分
※毎週金曜定休