脳の発達 ~その2~

幼児期の脳を刺激するアイデア(生まれてから6年)

  • 安全な探索を推進して下さい!もちろん監視の下で、中と外の世界の探索は、よちよち歩きの幼児の感情的、社会的、身体的な発展のためには重要です。人類は本質的に好奇心が強いですし、多くの私たちの基本的な本能をかき立てるのはこの好奇心です。研究によれば、子供が遊んで過ごす時間は、学習能力に影響します。身体活動と探索は、前頭葉(脳のCEO)の健全な発達を促すのに役立ちます。子供が動くほど、脳の前頭葉のつながりがより強くなり、その結果、自己調節を手助けします。
  •   出生時および初期幼児期に存在するニューロンの膨大な量のため、幼児の脳は新しい言語を容易に学習し、身に付けることができます。研究によると、2つ以上の言語で話されている赤ちゃんは、後の人生でより優れた実行機能を持ち、特に、注意を払う能力、つまり、課題に対する集中維持能力の向上が証明されています。
  • 幼児や幼児を対象としたビデオやテレビ番組の「早期学習」には注意し、全体として、テレビやビデオに触れる時間を制限してください。 これらの「早期学習」ビデオに含まれる情報はそれ自体「悪い」ものではありませんが、しかし、情報は非常に不完全であり、学習、統合、理解の重要な文脈が欠けています。例えば、乳幼児や幼児に対象物を認識させるために対象物の絵もしくはビデオを見せ、その後、「リンゴ」の写真が示され、「リンゴ」と話された言葉が続き、目的物の名前を強固なものにするようなビデオ教材。しかしながら、ここではどれほどの情報が欠けているのかを考えてみてください。リンゴの味と香り、リンゴの重さと密度、触れたときの感触とパサパサしないでサクサクとした内側を取り巻くワックスを塗ったようなリンゴの皮の感触。子供たちは、不完全で欠けている再現より、現実の世界と直接交流することから もっと多くを学びます。

 

後期幼児期/早期児童(7歳〜12歳)

  • 7-12歳の間で、前頭葉(推論や自己調節のような実行機能の役割を果たす)のサイズが増え続け、また、神経接続も発展し続けます。これは、より複雑な行動能力と、より複雑な認知能力を遂行する手助けとなります。
  •  思春期の初期には、現在の行動が将来の結果をもたらすことを理解し始めますが、自制能力はまだ、未熟で発達中です。多くの場合、10代の若者は、計画と自己規制の領域の一貫性に苦しみます。これらの神経接続が強化されるにつれ、世界を知覚し、考える子供の能力は、結果的に、エゴ(自分中心)の視点から、もっと(他人をも考える)共感的な思考の視点へと進歩します。
  •   前頭葉のサイズが増大するにつれて、思春期の初期には、合理的な順序で一連の作業を行うなど、ますます困難な認知課題に取り組むことができます。例:一連の書面による指示に従っておもちゃを組み立てる。
  •   後頭部(視覚や知覚のような感覚情報処理を担う)は、10~11歳の間に最終的な急成長が始まります。興味深いことに、小脳(整合された精神的思考だけでなく、運動性や身体の整合性を制御)は、まだ青年期に成長している脳の一部です。研究者たちは、私たちが「より高い思考」(数学、音楽、哲学、意思決定、社会的スキルなど)とみなしているものは何であれ、小脳の機能性や処理能力を引き出すという説を出しています。10代の若者が複雑な社会生活の舵を取るにつれて、小脳は大きな役割を果たすように見え、しばしば厄介な思春期の発達過程を乗り切ります。小脳は脊髄と脳幹の上端に位置しているため、自動車事故やフットボール試合などの「鞭打ち」でダメージや損傷を受けやすいです。

 

幼児期から10代前半の若者の脳を刺激するアイデア

  • 身体活動と新しいことに挑戦することは、生涯を通じて非常に重要ですが、特に若い10代が子供の無制限な「自由時間」から教室の枠組み、境界、そして「ルールと規制」へと移行しているため、この段階では特に重要です。近年、学校は休憩や継続的な運動から離れて、教室での学習により多くの時間を費やすようになりました。残念なことに、これはしばしば「じっとして座ることができない」、または集中することが難しい子供にとって、望ましい効果がありません。進化論的に言えば、人間はまだ長期間座っているようには設計されておらず、研究によれば、運動と探査が自己規制能力を開発する上で重要な役割を果たすことが示されています。10代前半の若者が移動して探索する機会たっぷりと与えられると、ニューロンネットワークの発達に利益がもたらされます。
  • テクノロジーが脳の発達の仕方を変えていることがますます明らかになってきているため、スクリーンを見ている時間の境界を設定することで、子供たちが将来、テクノロジーと健全な関係を築くことができます。テクノロジーの使用を子どもに任せきりだと、大部分の子供と10代の若者は、それを酷使します。現代のテクノロジー主導型文化は、絶えずメディアのフィードバックを得て社会を過飽和状態に導いているため、ほとんどの子どもたちは健全な境界を設定するために何らかの支援を必要とします。携帯電話、タブレット、ビデオゲーム、そしてテレビの制限を設定することで、脳のバランスを再び整え、絶えず続く感覚過負荷(子供たちを過度に刺激し過敏にする可能性がある)から子供と10代にとって必要とされる休憩をもっと得ることができます。あなたの子供たちに、人々、そして、まわりの世界と再び繋がるのを促すだけでなく、子供たちが他の興味を探求するため、テクノロジーからの週末休暇時間を多くとることを検討してください。
  • 大部分のタブレット、テレビ、そして、スマートフォンから放出される青色光も、健康的な睡眠の調整に重要なホルモンであるメラトニンの生成を脳内で妨げることが証明されています。就寝前、または、就寝前の1時間にデバイスの使用を制限すると、お子さんが眠りやすくなり、安らかで睡眠を回復するのに役立ちます(開発途上の脳は、何か多くのものを必要とします。)

過去の記事一覧

Brain State Technologies

Visa Master Saison Coineyでクレジット―カード決済

心のリフォーム
SORA Shinonome
999-3737
山形県東根市大字若木9723-23
TEL.0237-47-4501
FAX.0237-47-0739
※電話受付は
  8時30分~20時30分
※毎週金曜定休